無苦庵記【気づきブログ】

YouTube【イイジマンの大黒チャンネル】もご覧ください。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

とある映画(91年公開)で主演の岩下志麻さんが、家族を裏切った義理の息子に向けて放ったラストシーンでの台詞。

f:id:muquan:20220727210454j:image

『それがあんたの礼儀か?わては親としての礼儀、尽くしたでぇ』

子供の頃に父から
『なんぼ相手が無礼を働いてきても、こっちは変わらずに礼を尽くせる男になれよ』と教えられ、大人になってからこの映画を観て『ほほぅ』と思った記憶がある。

そして“何故そうした方がいいのか?”は、遅まきながらええ歳になって解ってきた。

すごいな、天国の親父。

無礼な奴、義理も感謝もないやつ、陰険で姑息なやつ、猿芝居を打つやつ、おこちゃまなやつはいくら退治してもキリがないのである。

『燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)』

f:id:muquan:20220802005113j:image

そんな輩たちに合わせて、いちいちスタイルなんて変えてられるかよ。