無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

初代(UCF10系)セルシオに感じる日本の精神

自宅近所の三色彩道へ、久しぶりにセルシオを散歩へと連れ出し

写真を撮りながら、あらためてこのクルマに見惚れてしまいました。

f:id:muquan:20191201181617j:image

さすがトヨタ入魂のプロダクト、やはり独特のオーラが漂っています。

 

随所の造形に目をやると、仁王像をモチーフにしたヘッドライト
そしてボンネットとフェンダーの境界線

f:id:muquan:20191201180834j:image

特にレンズすぐ上の"うねり"具合なんかがお気に入りだったり。

 

いやぁ、いいですねいいですね。

f:id:muquan:20191201181743j:image

さらには全身を包むカラーリング

ぱっと見はブラックっぽいのですが、光が当たるとグリーンが金属質的に発色します。

正式名称は『ダークグリーンM.I.OトーニングG』

f:id:muquan:20191201181228j:image
初代セルシオ(=LEXUS LS)のイメージカラーとして、カタログを彩っていました。

この色だけが、なんと6コート塗装だったんですよ。

f:id:muquan:20191201181943j:image
バブル期って本当に贅沢な時代だったんですね。

f:id:muquan:20191201181946j:image

30年経った今でも、ご覧のような映り込み。

 

ちなみにこちらの個体、走行距離は僅か25000kmで完全屋根下保管。
外装だけでなくインテリアもETCさえ付いていない、フルオリジナルの状態を保ち続けています(貴重)

f:id:muquan:20191201181320j:image

ビニールが被せられたままのフットレストにも注目。

f:id:muquan:20191203085626j:image

今ではすっかり見かけなくなったレース生地の
ハーフシートカバーも泣かせてくれます。

 

ウッドパネルは控えめながら、母材が積層合板という凝った造り(初代だけ)

f:id:muquan:20191201181258j:image

 

日本のモノ造りの精神を、細部までとことん感じさせてくれる一台です。

f:id:muquan:20191201182050j:image