無苦庵記【気づきブログ】

YouTube【イイジマンの大黒チャンネル】もご覧ください。

続・メルセデスを維持するということ

分不相応なことに

私は今日に至るまでメルセデスを7台所有してきました。

 

最初のメルセデスはCLクラス(現在のSクラスクーペ)ブリリアントシルバーのCL500

f:id:muquan:20191123165711j:image

新しさの中にも、懐古的テイストが散りばめられたスタイリングと

常に車体がフラットに保たれるABC(アクティブボディコントロール)の足回りに惚れ込んでしまったのですね。

 

 

その後、王道のW221Sクラスへ

トラベルティンベージュ(いわゆるシャンパンゴールド)のS550

f:id:muquan:20191123165800j:image

これは7速ATとエアサスの出来栄えに不満があり…やっぱりABCだな、ということで

禁断の果実、V型12気筒ツインターボエンジンを積むオプシディアンブラックのS600ロングにチェンジ

f:id:muquan:20191123170820j:image

同じW221ではありますが、これはまったくの別物。

517馬力&84.6kgのトルクを(出来の良い)5速ATで掻き回す圧倒的な加速とABCの組み合わせは、まさに異次元の走りを提供してくれました。

 

その勢いで"キング・オブ・Sクラス"と呼び声の高いW140エメラルドブラックのS500Lを増車し
f:id:muquan:20191123171159j:image

取り憑かれたように"名車"の誉れ高いW126アンスラサイトグレーの300SEにまで手を出して
f:id:muquan:20191123171213j:image

一時期は年代の違うSクラス3台を同時所有するという暴挙に。

f:id:muquan:20191123170111j:image

挙げ句の果てにはW124、しかもレア物である前期(ビッググリル)ミッドナイトブルーの320Eも味わって

f:id:muquan:20191123170341j:image

紆余曲折を経て、現在では再びW140の中期S500(今度はブリリアントシルバー)に落ち着いています。

f:id:muquan:20191123170423j:image

何故W140に還ってきたかというと

色々乗ってみた結果、このモデルが1番お金かけて作られていることがわかりましたので。

 

それはさておき、こんな風に後先のこと考えないでいると大変な目に。

 

先ずは自動車税

f:id:muquan:20191123172624j:image

この時は先の3台に加え、17系クラウンも持ってましたのでえらいことに。

 

加えて、2年に1度の車検がやってまいります。

f:id:muquan:20191123170459j:image

これは手元に残っていたW126の300SEの車検費用の画像なのですが

f:id:muquan:20191123181516j:image

合計額をご覧ください…

 

私のように『クルマ好きな庶民』がメルセデスを維持しようとすると

生半可な覚悟でいると、メンタルまでやられてしまいますのでご注意くださいませ。