無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

趣味の延長だからこそ可能な『三方良し』

昨日の午後から『伝説の高波』なクルマ屋をしておりました。

 

今回のお客さまは、日本で最初の自動車評論家であらせられます
故・小林彰太郎さんのような、クールでダンディな雰囲気を醸す初老の紳士。

f:id:muquan:20191120182049j:image


旧い空冷ポルシェ(2台)やW124メルセデス(2台)の低走行な超お宝を始め

f:id:muquan:20191120182207j:image
マニア垂涎ものの個体を多数所蔵されているH県A市の資産家さん。

そして、待ち合わせ場所まで乗ってこられたのが…


写真のW140メルセデスS320(しかも前期)の走行なんと1.4万kmという悶絶級のバリ物。

f:id:muquan:20191116052544j:image

で、肝心の商売
クルマも気に入ってくださったようですが、どちらかと言うとクルマの保管体制の方をお気に召されたようで
御仁のコレクションの内、数台の販売を小生にお任せいただけることとなりました。

 

こう言うのを【委託販売】といいます。
持ち主は手塩にかけて保守整備してきた極上車を、下取りよりも高く売れて
買い主はポンコツ摑まされずに、ちゃんとしたクルマを適正価格で買えて
私は買い手が見つかってから仕入れを起こすので在庫リスク無し
という『三方良し』のシステム。

f:id:muquan:20191120182345j:image

『儲け主義な中古車販売店はイマイチ信用出来ないんだよねぇ』

とか

『ウチのクルマも価値ある(はずな)のに、下取りに出しても二足三文だしなぁ』とお嘆きの方、いつでもお声がけくださいませ。

 

ただ、私も趣味の延長でやっております(本業は人財育成コンサルティングです)ので

気長にお待ちいただける方に限らせていただきますがw