無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

幸せなのはどっち?

傑作、名車、指標、模範、集大成

メルセデスが、最もメルセデスだった時代の象徴で
『偉大なる普通』と言われる伝説のモデルW124。

f:id:muquan:20191102200041j:image

その中にあって
92年12月から93年8月までの9ヶ月間だけ製造された320E。

f:id:muquan:20191102200112j:image

f:id:muquan:20191102200407j:image
しかも右ハンドルでエアバッグ付きで布内装でサンルーフレス(重要)のフルオリジナルというマニア垂涎の個体。

f:id:muquan:20191102200141j:image

そんなレアグレードの王様が
スラッと背が高く、真面目で誠実でジェントリーな
長野県で会社経営者をされておられるKさんのもとに、めでたく嫁ぐことと相成りました。

いってらっしゃい、320E。
いっぱい愛情注いでもらいなよ。

f:id:muquan:20191102193115j:image

その320Eの嫁ぎ先さまより、一枚の写真が送られてきました。

花嫁は幸せなことに
こんなに素敵な新築ログハウスで、冬を越せるのですと。

いや、もしかすると一番幸せに感じてくれているのは
新しいオーナーのKさんだったりして(笑)