無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

雨の日の立ち往生

旧車あるあるネタ

雨の時に限って車線のど真ん中で立ち往生。

『お約束やなぁ』などと嘯きながら

『ご迷惑をおかけしてすみませーん』と傘さして後続車の誘導をしつつ、風も強くてずぶ濡れになっていたら

『大丈夫ですかー?』

『何か手伝いましょかー?』

と優しい言葉をかけてくださるドライバーさんや歩行者の方々。

あったかい人ばかりだなぁ、この街に住んでよかったなぁ…とうるうるしながら待つこと1時間。

 

頼れる主治医が大型積載車で颯爽と登場。

f:id:muquan:20191029065039j:image

ジャングルで武装した兵士に取り囲まれた際、救出に駆けつけてくれる英傑がいたとしたら

それは間違いなく彼らなんだろうと思いますねぇ。


こうしてW124を緊急入院させた後、同車から数えて4世代目となる『最新鋭Eクラス』のステアリングを握って帰路につくことになったのだから
人生なんてテキトーでインチキでデタラメなもんだ。

 

というか、新しいEクラスを運転するのは初めてだったのですが
今回のEクラスは『Eクラスの皮を被った高級車』になっててビックリしました。

f:id:muquan:20191029065207j:image

手巻き式の懐中時計がApple Watch
無骨なダッチオーブンT-FALの圧力鍋になったような、そんな感じ。

 

『善い・悪い』なんかではなく、これは『好き・嫌い』の問題ですね。

 

ちなみにW124立ち往生の原因は、もはや定番となっているオルタネーターの故障。

部品を手配してもらって交換すると、あっさり治りました。

 

旧車にお乗りの方は、定期的にオルタネーターのチェックをオススメします。