無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

再びのW140

2019年式W140の新車

と言っても通用しそうな、ものすごい状態で見つけたこの個体。

f:id:muquan:20191002190251j:image
メルセデスの整備では定評のある某名店にて

全ての作業項目を終え、重箱の隅をつつくようなテストドライブにも合格。

f:id:muquan:20191002191035j:image
ステアリングギアボックスやミッション、デスビも違和感は皆無でした。


こうして、いざ晴れて我が所蔵庫の中へ。

f:id:muquan:20191002190315j:image

モデルは95年式で右ハンドルのS500

ナビ無し完全フルオリジナルで、奇跡のコンクールコンディション。

f:id:muquan:20191002191132j:image
トラブルの多い油圧レベライザー付きのロングボディを避け、標準ボディにこだわってこだわって
探して探して探しまくって、ようやく見つけたこの一台。

剛性だってロングに比べ、標準の方が輪をかけて高いと体感できます。


さて、W140
ここにきて相場が(世界的に)ジリジリと上昇傾向
かつ、国内に現存するタマは海外への流出が止まりません。


そんなタイミングで、ひょっこり私の前に現れたわけです。

手放してみて、激しく後悔してしまったクルマなだけに即購入を決めました。

f:id:muquan:20191002191149j:image

念には念を、ということで

いつもお世話になっている正規ディーラーへも持ち込んで点検。

カニックさんに太鼓判を押してもらって嬉しさもひとしお。


エンジンルームのカバーを外すと現れる内壁でさえ、こんなに綺麗な状態を保ってます(掃除してません)

f:id:muquan:20191002190446j:image
整備記録簿はもちろんですが、外装やらインテリアだけじゃなく
こういうトコもちゃんとチェックしましょうね、という好例。


ちなみにこの時代のメルセデス
程度の良い個体は(右ハンドル車でも)どんどん海外に流出していて、相場も高騰中。


間違いなく数年後にはえらいことになりますので、欲しい人にとっては爆上げ前の今がラストチャンスでしょう。

f:id:muquan:20191002191106j:image
ホント、いいクルマですよぉ。