無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

【傑車】いいものは古くなってもいいもの。

POLO7

 

わが家のラインナップ中で最も使用頻度が高いPOLO6の車検を迎えるにあたり、ディーラーさんが用意してくださった代車がコレ。

 

f:id:muquan:20190821063557j:image

フルモデルチェンジを果たしたばかりのPOLO7です。

 

f:id:muquan:20190821063617j:image

たしかにエッジが効いててカッコいいスタイリング。

車格感は1クラス上といった感じです。

 

特に各種デバイスは高級車のように設えられていて過剰なほどに便利。

 

f:id:muquan:20190821063723j:image

 

けれど、小型車として大切な部分が退化してしまったような気がします。

 

『6(先代)より広い』と言われても
デカくなったのだから自慢にはならないでしょう(そんなだったら他社でも作れますから)

 

先代はあの小ささでありながら
大人4人と荷物が普通に収まってたところが奇跡の産物
VWにしか作れない叡智のパッケージングなのだと、車検から戻ってきた6のステアリングを握り改めて認識した次第です。

f:id:muquan:20190828204722j:image

やはりPOLO6こそが小型車作りの帝王たるVWの真骨頂。

 

人馬一体感すごい。
名車、もとい傑車です。