無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

その名はセラミックPRO(後編)

先週のW221に続き、W126へのセラミックコーティングも施工完了。

 

ご覧ください

f:id:muquan:20190419181403j:image

 

W126の丸過ぎずカクカクもし過ぎていないプレスラインが、塗膜のぽってりとした艶やかさを助長してくれています。

f:id:muquan:20190419181422j:image

 

アンスラサイトグレー、いい色ですよね。

f:id:muquan:20190419181435j:image

 

ここまで仕上がると気になってしまうのが、リアガラスに貼られているこのオフィシャルステッカー。

f:id:muquan:20190419182140j:image
ご覧の通り1987年式ともなると、著しく劣化しているのであります。

 

新調するには

このステッカーを正規代理店にて丁寧かつ綺麗に剥がし、台紙にラミネートした後

本国での厳格なる確認を経て、ようやく新しいものを日本に向けて発送され
これにてめでたく貼り替えることが叶うというわけです(なんと)

 

けれど、うん。

これはこれで味があっていいなぁ。

ということで、もう少し葛藤を楽しんでおくことといたしました。

 

ただし、紛失はNG。
万一、不埒者に剥がされたりしてしまったら諦めるしかなく
本国は新しいのを送ってくれないのですと…

 

MBさま、それってあまりにも如何なものでしょうか?