無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

【コーラの謎】経営の為のワークアウト・其の22

コーラの謎。

 

ワークアウトの直前にコーラを飲む。
それはウェイトトレーニングをしてる私にとって『儀式』みたいなものなのです。


運動初期に必要な糖分が補給できて、なによりカフェインを含んでいますから

f:id:muquan:20190415220623j:image
多少の倦怠感なら一発で吹き飛ばせるんですね。


そういえば頭痛持ちでもある私、ロキソニンなんかの解熱鎮痛剤もコーラで流し込みます。


これ、旅番組の企画をしていた頃

ロケバスの車中で某TV局のプロデューサーさんに教えてもらったんですが…

f:id:muquan:20190415220922j:image
とにかく、ソッコーで頭痛が治る。
胃の中でジュワッと溶けて、血管通って全身に行き渡る実感が半端ではありません。

 

閑話休題

 

その一方、ここ数年「レッドブル」や『モンスター』なんていうスゴイ名前の飲料が幅を利かせてますね。


糖分もカフェインもふんだんに入ってるし、炭酸が爽快。
なにより200円前後と高いですから、そりゃもう期待してしまいます。

f:id:muquan:20190415220721j:image
もちろん私も試しました。
普通のレッドブルやモンスターだけじゃなく、ノンシュガータイプと100%果汁飲料を組み合わせてみたり。


たしかに気力は漲ります。

でも…でも、コーラの比ではないんですね。

 

レッドブルやモンスターは、何かしらモノ足りない。
あの

グワーっというか

チュドーンというか

怒涛のラッシュがやって来ないんですね。

 

こうなると、もうたまらない。

 

大声で叫んでみたくなります。

 

 

『いったい何が入ってるんだ、コーラ!』って。