無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

ギネスな話・其の18

W221の採寸型取りを終え、ミリ単位で追い込んだサンプルカバーの試着画像が届きました。

f:id:muquan:20190327140654j:image
f:id:muquan:20190327140649j:image

こうして途中経過の報告までしてくれるところも、N工業の凄いところ。

f:id:muquan:20190327140920j:image

ボンネットマスコットやスペースシャトルを連想させるルーフアンテナ、ドアミラーなどを小袋で逃すという小技だけでなく
四隅のマチ生地(=縫い目)が存在していないという点にも注目されたし。

それでいて、おそるべきフィット感ですよね。

製品にはオプションで各種留め具に加え、風の吹き込みによる膨らみ防止用の『通気筒』まで奢られます。

f:id:muquan:20190327141019j:image

 

続いてW126用ボディカバーの試作品も完成。

f:id:muquan:20190327141046j:image

f:id:muquan:20190327141107j:image

カバー随所に直接書き込まれている、寸法や留意点記載の数に圧倒されまくりです。

f:id:muquan:20190327141155j:image

f:id:muquan:20190327141241j:image

f:id:muquan:20190327141300j:image

プロ感が満載だなぁ。

f:id:muquan:20190327141420j:image

f:id:muquan:20190327141440j:image

 

そしてトリを飾るW140用ボディカバーの採寸〜試作〜装着テストも滞りなく執り終了。

f:id:muquan:20190327141501j:image

f:id:muquan:20190327141522j:image

W140はプレーンな面構成につき、試作カバーに表記される寸法指示や留意点なんかが極端に少なく
N社長もあまり苦労はされなかった様子が伺えます。
が、それでもキチンと2種類の試作カバーを作っているところは流石。

f:id:muquan:20190327141604j:image

f:id:muquan:20190327141631j:image

抜かりなき彼の気質を垣間見ることができました。

 

これにて3車種立て続けのサンプル協力も、いよいよをもって完結。

 

もちろん完成品の出来上がりは楽しみなのですが
こうして開発工程を目の当たりにすると、なんだか使うのが勿体無いですよね。

 

できればMoMAニューヨーク近代美術館)にでも寄贈して、永久展示しておいてもらいたい。

 

『美は機能の約束である』(ホレーショ・グリーノウ)