無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

【オフィスに於ける神事の在り方】人も組織も成長するオフィスの掟・其の18

神社が好きなんですよ。

f:id:muquan:20190328163529j:image

出先で見つけると、つい立ち寄ってしまいます。


なんだか、心が整うような気がしませんか?

f:id:muquan:20190327212507j:image

 

ま、それはさておき
難しいのが会社に於ける神事への取り組み方、というかその加減。

 

毎朝、神棚に手を合わせたり、毎月祈祷してもらったりする会社さんもあれば
そういったことにはまるで無頓着な会社さんもあられます。


どちらが良いかなんて決められないし、そもそも何が正しいのかさえわかりません。

 

ただ、いにしえから我が国に伝わる神事

その氷山の一角でもいいから
若い社員には教育がてら体験させてあげたいし、何となれば継承だってしてもらいたい。

 

そんな思いから、初詣や十日戎とは別に
年に数回は御祈祷を受けることと、達磨の目入れ式だけは催していました。

f:id:muquan:20190327212931j:image
f:id:muquan:20190327212927j:image
f:id:muquan:20190327212921j:image

日頃は活気に満ちたオフィスでも、厳粛な雰囲気に包まれることって
個人的にはメリハリも利いてて、とても大切なことだと思っています。