無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

アメリカンコーヒー誕生裏話

ええか、よぉおぼえとけよ。

アメリカに行っても『アメリカン』なんてコーヒーあらへん。

アメリカンコーヒーを売ってるんは日本だけなんや。

 

あれはな、昔アメリカの東海岸に上陸したヨーロッパ人がやな
大陸を東から西へ横断する合間に、持ってきたコーヒー飲みよるわけや。

せやけど、西海岸に着くころには豆も減ってきよるわなぁ。

んで、しゃあないから豆を少なくして飲んでたんやけど
それを西側から上陸してきた日本人が口にして『うん、アメリカのコーヒーは薄い』となったんが始まりや。

 

けど、少ない豆でコーヒー薄めて売っても商売ならへんやろ?

 

ところがや、浅く煎った豆も薄味になりよる。

せやからその豆を『これがアメリカン専用の豆なんやでー』言うて
レギュラー豆と同じ量で売れるようにしたんがこのワシや(笑)

 

f:id:muquan:20190327064345j:image

幼少の頃、血もつながってない私に、そんなことを教えてくれたじいさまの残した店で
今朝もアメリカンを飲みながら故人を偲ぶ。