無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

母の日に想うこと

今週のお題「母の日」

 

近場に住んでいたり、同居されている方はともかくとして

まだ親御さんがご健在で「年に数回、会いに行ってる」という方々。

お正月、お盆、その他の用事なんかで

年に5回~10回という人が多いんじゃないでしょうか。

遠方なら年に1回とか、ね。

 

その数に、親御さんの残り人生年数を掛け合わせたものが

貴方がこの先、親御さんに会う回数です。

 

「あと何年、生きてくれるか」

ではなく

「あと何回、会うことができるか」

で考えてみてください。

 

その1回が、いかに貴重であるのかがよくわかりますよね。

 

「会おうと思えば、いつでも会えるから」

なんて錯覚です。

 

幸いなことに私の場合、晩年の母と過ごす時間を大切に感じることができました。

それでも、突然すぎる訃報が届いたのは

たまたま出張していた先のホテルで、しかも深夜です。

これはもぉ、どうしようもない。

どうしようもないんだけど、不思議と後悔はありませんでした。

 

というのも、その数日前

最後に会った別れ際に、母が僕の目を見据えながら「頼んまっせ!」と声をかけられた時に

「もしかしたら」と覚悟したのですね。

妙な勘が働いたのを、はっきりと憶えています。

 

それともうひとつ。

その夜、僕はホテルのベットで突然

喘息っぽい咳き込みに襲われ、起きてしまったのです。

後から知ったのですが、ちょうど母が旅立った時刻でした。

 

きっと、お別れに来てくれたんでしょうね。

訃報が入ったのは、その少し後のことだったのです。

 

翌日、予定をキャンセルさせていただき実家へと戻ったのですが

ちょうど母の日と重なる時期ということもあり、安らかに眠る母の胸元に一輪のカーネーションを置いて

『おかあちゃん、ありがとう』と声をかけたとき、少し微笑んでくれたように感じました。

 

明日はその母の日ですね。

どうか皆さまにおかれましても、後悔をされませんように。

 

色んな意味で、大切になさってください。

 

f:id:muquan:20190511104139j:plain