無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

【自分のどこを伸ばすべきか】内定者通信・其の5

哺乳類は皆、脳があって心臓があって肺があって胃があって腸があって…
それらを骨が支え守り、その上を筋肉が纏って、表面が皮でラッピングされています。

 

なのにキリンとゾウは、同じ哺乳類ではあっても姿形がずいぶんと違いますよね。

 

高い木の枝の葉っぱを食べるためにキリンは首を伸ばし、ゾウは鼻を伸ばした。

 

何故それぞれが違う部分を伸ばしたのかはともかく
確実に言えるのは
彼らには『伸ばさなければならない理由があった』ということ。

 

翻って、あなたは自分のどこをどう伸ばせばいいのでしょうか。


もし伸ばしたい分野が、伸ばすべき分野なら
それはそれはおめでたいことかも知れませんが
世の中、思惑通りにいかないことが多いものです。

 

これから社会に出る皆さんには
例え、伸ばすべき分野が苦手なことであったとしても
そこを伸ばしたい、伸ばさなきゃ、と思える人になっていただきたい。


そんな人になれれば
手を差し伸べてくれる人が必ず現れますし、会得も早くなる。
そして将来あなたが活躍できる領域も、今よりさらに拡がることでしょう。

 

矢印が自分に向いているうちは欠点だと自覚しているコトって

実は外に向けてみた瞬間に才能になるというケース、意外と多いものなんですよ。

f:id:muquan:20190316112438j:image