無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

【電話線のもつれは話のもつれ】人も組織も成長するオフィスの掟・其の1

先ずは左側の画像をご覧ください。

とある三つ星ホテルのエレベーター内に設置されていた電話機です。

 

f:id:muquan:20190318040353j:image

 

いや、もう絶句しましたね。

 


『電話線のもつれは話のもつれ』

 


オカルトですが

電話線がもつれてる会社(や特定の社員)はトラブルも多い。

f:id:muquan:20190320072336j:image


これまで私が携わり、そう唱え続けてきた企業さんでさえ

右側の画像のように、常に電話線がまっすぐキープできるまでに1年以上を要します。

 


もちろん、いつ何時

忙しかろうが突然どなたがお越しになられようが、全ての電話線が常に正しい状態を保つには

社員全員がその事に意義を見出し、意識をし続けてくれなければなりません。

 


4月に新卒社員がたくさん入社すると瞬く間に崩れ始めます。

しつこく唱え続けます。

治ります。

いえいえ安心も油断もできません。

4月以外でも中途社員が入ってきますから。

はい、また崩れます。

たった1日で崩壊させるのなんて、簡単なんですよね。

だから諦めそうになってしまう。

でも、自分でも呆れるくらい唱え続け

数年が経つと、先輩社員が新人を正してくれているのを

ちょくちょく見かけるようになるんです。

 


ここまでくれば、しめたもんです。

顔には出しませんが、感激の瞬間なんですね。

 


トラブル続きでお悩みの方は一事が万事。

f:id:muquan:20190320072519j:image


あなたの電話線、もつれていませんか?


人気ブログランキング