無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

映画

ギネスな話・其の33

稀代の名優、三國連太郎主演による映画「利休」 本物の国宝をセットや小道具に多用し、モントリオール国際映画祭に於いて最優秀芸術貢献賞を受賞したことはあまりにも有名です。 その後も千利休を題材にした作品が公開されはしたものの後年作品のファンには…

聖地巡礼

この作品が公開されてから、今日でもう3年が経つんですね。 初めて鑑賞した時は『いま、会いにゆきます』のオマージュ?と感じたのを憶えています。 ちなみにこの夏に公開された新海監督作品の『天気の子』も観賞しましたが、『君の名は。』ほどのインパクト…

日本のいちばん長い日

スーパーなどで、サザエが販売されているのを見るにつけ私の大好きな映画『日本のいちばん長い日』にあった1コマ ポツダム宣言受諾をめぐっての、昭和天皇と東條英機のやり取りを思い出します。 東條英機「陛下のお好きな生物学に例えれば、軍はサザエの殻と…

【カリオストロ城の屋根】経営の為のワークアウト・其の21

海外でのジム利用時に気をつけなければならないポイント。 それはランニングマシン。 日頃の数値を入力してみたらみるみる加速。 あれ? あれれ? あれれれれれれれれれれれれれれ〜〜〜 まさにカリオストロ城の屋根を駆け下りるルパン三世状態になってしま…

ギネスな話・其の20

書寫山 圓教寺 『西の比叡山』とも称されるこの寺院は私の住まいから行こうと思えば、いつだって行けるような近い距離にあるのですが何故かどうしてか、なかなか赴くことができていませんでした。 その近くて遠い存在だった圓教寺に、ようやく来ることが叶っ…

【社内上映会のすすめ】人も組織も成長するオフィスの掟・其の15

ちょっと前に話題になりました 邦画にしては珍しく大ヒット&ロングラン上映を果たした『永遠の0』 「史実とは違う」「不自然だ」「戦時中、あんな生き方ができる筈はない」「戦争を美化している」等々ネット上でも物議を醸した問題作といえば問題作。 色んな…

ギネスな話・其の13

梅雨の季節 号泣を超えて嗚咽してしまう唯一の作品。 だから毎年 ひとりで鑑賞することにしています。 邦画史上最高傑作。

【人としては平等】内定者通信・其の14

子は親から多くを学び、親も子から多くを学ぶと言われていますよね。 私が携わらせていただく会社ではいつも 役職ではなく、役割で接することが肝要だと説いています。プロジェクトにおける役割によっては、主任のもとに係長や課長が集う。そういうこともあ…

これは素晴らしい。

人生を変えたいという人も 諦めてしまったという人も すぐに観るべき。 経営者やってる人にも強く薦めます。 とても勉強になる作品。

ギネスな話・其の6

Bill Evans(ビル・エヴァンス) 彼の誕生日が自分と同じだからファンになった、というわけでもなく(笑) 自動車評論界の巨匠と呼ばれた故・徳大寺有恒氏の このジャズ・ピアニストに関するエッセイを読み、ちょっと興味を抱いたのがきっかけ。 記述にはアルバ…