無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

教え

続・かつて関西を席巻した衝撃のポスター広告

いやぁ、かっこいいですね。 数年前の関西では こんな粋なポスターが、あちこちの商店街で貼られてたんですよ。 切なくてシブくてたまりません。

かつて関西を席巻した衝撃のポスター広告

たしか2015年 関西にあるあちこちの商店街に掲出されたポスター。 もはや言葉は要りませんね。 以来、このクオリティを超える作品には出会えておりません。

1通のメール

コンサル先の社長さんから、こんなメールが届きました。↓『Sからは◯◯の企画書、Kからは自分の夢である◯◯の企画書が上がってきました。今までなかった事ですから、貴殿の研修の成果が出て来てます』 あまりに嬉しかったので、一部抜粋させていただきました…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の206

データってめちゃくちゃ面白いじゃないですか!「擬似相関」も、「音楽CDが売れる時サバの漁獲量が上がる」とか説明してもらうとわかりやすい。 リニア前後の日本地図も視覚でわかりやすいし、ビックデータの解析で、これからいろんなことがクリアになって行…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の205

古今東西25社の倒産を当事者目線で解説。 どこにも誰でもある考え方が、なぜ間違いになるのか。 倒産という意味だけでなく、経営者もそうでない人も、人ごとではない学びが得られます。 んで、さっそく増刷らしい。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の204

前著「未来の年表」を読んで自分のことに捉えていなかった人は、これ読みましょう。 日本の人口減は自分の町の人口減でもあるんです。これはもう「王国」作って点で繋ぐ国家の形成が必要なのかも。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の203

なかなか長かった。 優れたイノベーションのほとんど全ては、コラボレーションから生まれてること。 デジタル時代のイノベーションは、何らかの先人の恩恵の上に成り立っているということ。 こんな風に歴史をたどってみるとよく理解できる。

お金の神さんに好かれる5つの知恵

2週間ほど前に尊敬する先生が『自分の執筆した本の次に面白い』と推奨されていた書籍。 あまり興味を持っていない人にでも、読みながら憶えていきやすい展開になっていて仕事を終えた後だったにもかかわらず、楽しみながら一気に読みきってしまいました。 『…

「文賢」すげぇ。

文章入れたら、当たりの校閲の他、 こんな指摘もしてくれる。 指示語もし、前後の文に指示語を示す内容がない場合は、具体的にした方がよいかもしれません 50文字以上の文章なのに、読点がありません。読みづらくないか確認してください。 同じ助詞を連続使…

興味のある人には興味深い話

自分で書いてて、めちゃくちゃ興味深かったので課題研究論文の一部を。(このまま出すわけじゃないけど) 「テクノロジーの変化が消費生活に何をもたらしたか」というテーマでスマートフォンの雑誌記事を調べてたんだけど、「iPhone以前」ってこんなことにな…

続・メルセデスを維持するということ

私は分不相応なことに これまでメルセデスを7台所有してきました。 最初のメルセデスはCLクラス(現在のSクラスクーペ) 新しさの中にも、懐古的テイストが散りばめられたスタイリングに惚れ込んでしまったのですね。 その後、W221のSクラスを2台乗り継ぎ そ…

メルセデスを維持するということ

メルセデス正規販売店に対する信頼のひとつに、その過剰なまでの『予防整備』が挙げられます。 特に消耗品に関しては、悪くなる前に交換しなさい的な法律。 今回の点検は、幸い機関に異常なし。但し、交換品と整備代だけで国産乗用車の平均的な車検総額を、…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の202

さっき読み終えましたが、2010年の本でした。中身は全然をそれを感じさせない提言。 ネットのこと、教育のこと、著作権のこと。YouTubeの戦略など今書いたような話で、この人すごい。

趣味の延長だからこそ可能な『三方良し』

昨日の午後から『伝説の高波』なクルマ屋をしておりました。 今回のお客さまは、日本で最初の自動車評論家であらせられます故・小林彰太郎さんのような、クールでダンディな雰囲気を醸す初老の紳士。 旧い空冷ポルシェ(2台)やW124メルセデス(2台)の低走…

社長のエゴ

いったい何で困ってるのか、どういった風の吹き回しなのかそんなことは知る由もありませんが ある会社のトップが 『帰ってくる気はないか?』 などと打診してくるケース、ありがちですよね。 そんな風にお声掛けくださるのは、正直嬉しいことではありますも…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の200

これ、必読ですね。数字に踊らされないセンスメイキングの方法。そのエキスパートの振る舞いなど。 これからデータ重視の時代になっていくこととのバランスを取るのに必要な概念。 というか、今回でシリーズ200回目 よく続いてるなぁ。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の199

タイトルの付け方が秀逸。買ってしまっちゃう本ですね。 でもある程度の大企業の事例ばかりなのと、後半この会社(ブライアリーアンドパートナーズ)の宣伝色が強くなるので要注意。 ロイヤリティマーケティングのエッセンスを数行学習するという意気込みなら…

あなたの心にある【腐海】

会社に於ける離職率・不祥事・業績不振或いは個人的な苦難・逆境・不平・不満・不幸 これらはあくまでも『現象』であって『原因』なんかではありません。 現象の解決欲求ばかりに振り回されているとほとぼりが冷めた、ようやっと逃れられたなんて安堵しても…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の198

中国の進み方って半端ないですね。そしてここをしっかり見ておけば、これから日本や世界の進み方がよくわかる。 昔のアメリカ最先端の小売業みたいなことが、どんどん中国で起こってるわけです。EC含む小売業の人はぜひ。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の197

この人も、何か量産体制のハックを見つけたのかもしれない。 タイトルの煽りや、冒頭の関係なさそうな文章をうまくクリアしたら、そこからぐいぐい読ませるし、一冊に二行ぐらい参考になることがあれば儲け物、ぐらいの関係で読めれば最高。

これってお告げ?

①走行中に木の実が落ちてきて、クルマのルーフにコツンと当たった(現実) ②昇り龍の如く、蛇が壁をよじ登っているのを目撃(現実) ③理由はわからないけど、亡くなった両親が私を祝福してくれている(夢) ④白い龍だか蛇だかが、じーっとコッチを見つめてい…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の196

ほんとに僕らは、中国の人の事何にも知らないよね。80年以後に生まれた「80後」からの感覚、同じく90後の微妙な差。 最近、高級なお店でラフな格好で一人で食事してる若い中国人を見かけるが、IT長者だと思ってたのが、全然違うことが判明。勉強なるわ。

転ばぬ先の杖

屋上やテラス、ルーフバルコニーなどでのリゾートライフスタイルを提案する『COLORS』 そのオンラインショップを開設して、おかげさまで満2年を迎えることができました。 何故、この事業を始めたかというと 屋外で寛ぐことの心地よさを多くの人々に味わって…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の195

腕木通信の時代から、情報通信の話を最新のAIやビッグデータまで わかりやすくきちんと並べて見せた上で、独自の解釈をちりばめた本。 この関係の人のみならず、イノベーションに興味ある人はぜひ一読を。

【予知能力・先手必勝・転ばぬ先の杖】という習慣の重要性

平時だからこそ、改革に取り組まなければならない。そう考えておられる経営者さんから、ご契約を頂いた。 気づき、というか予知能力に長けた社長がいると、社員は安心&幸せなんだけど件の社長は、ご自身が引退された後に何が起こるかまでを予見されていた。…

なんとも呆れる馬鹿馬鹿しい仕組み

会社の本店登記の管轄を変えると、法人印鑑カードが使えなくなり移転先管轄の法務局で、新たにカード発行申請せにゃならんということを(わざわざ法務局まで行って)初めて知った。 考えてみたら個人のだってそうだし、何事も勉強だと言い聞かせつつそれでも…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の194

春頃買って置いたままにしてた本を、慌てて読む必要ができたので。 いわゆる4Pなんかが「製品ロジック」で 北欧学派のものが「サービスドミナントロジック」んで、その理解のためにこの本は必読。 顧客とリレーションが取れていれば、物質は消滅するって考え…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の193

少し前の本なのでアップデートする必要があるけど、ビデオチャットも必要かなと思う昨今。 テキストベースの方が楽なんだけど、ウェビナーとかyoutube配信とかしようとすると、ここに慣れておかないとね。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の192

違法音楽ファイルって、何人もの人がいろんなところにアップロードして、それがNapstarなんかでシェアされたと思ってなかった? 実は数人のメンバーが供給してたんだって。悪い方の「本物の破壊的イノベーション」

超短編だけど『心に刺さる言葉』

ほほぅ だそうです。