無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

教え

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の183

すごく明確でわかりやすく、インプットから問題の見つけ方、切り分け、アウトプット方法まで。 仕事の進め方の本だけど、論文やプレゼンの教科書でもある。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の182

eスポーツの現状と歴史、収益構造やビジネスモデル、ネガティヴな面まで詳しく解説。 ここの分野もこれでスッキリした。平均年齢70歳のプロチームもあるそうだから、やってみる?

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の181

AI,フィンテック、ロボット、小売業、フードテックなど、IT各分野で、シリコンバレーと中国の現状の紹介と比較。1年前の本なのに、もうすでに情報が古くさく感じるのは、それぞれに分野の発展が著しいからでしょう。 この時点で両者は互角な感じ。地政学とい…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の180

ある程度以上のサイズを持つ組織のイノベーションの起こし方。つまり一人の天才ではなくチームでイノベーションを起こすための手順をデザイン思考から教えてくれる本。 グループワークの手順など、めちゃくちゃ参考になります。ちなみに「1日目に結論を考え…

私たちに出来ること。

通学路に面している、クライアントさま駐車場の看板。聞けば、社長自らのアイデアだそう。 年を追うごとに自然災害が深刻化している日本。 こうした素晴らしい取り組みが、もっともっと広がれば人や地域だけでなく、日本全体の意識が変わる(と思いませんか…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の179

これは難解。いや内容そのものはわかりやすいテクニック本。 日本語がつっかりつっかりで読みにくかったけど、紙とKindle併用でなんとかクリア。 例のあの人の本ですけど、それは関係なくまた時代も超越して、日本語の作法のようなものを学びました。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の178

日本語の長文を書くことが多くなって、これは今のうちになんとかしておかなければと思ってたところ、いい本を紹介してもらいました。 資料の探し方やその読み方、構造的な論文の書き方など、参考になりました。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の177

何と今をときめく 髙橋 広行 (著), 徳山 美津恵 (著), 吉田 満梨 (著), 佐藤 善信 (監修) と、すごいメンバーの本です。 MBAの学習を始めるにあたり、大変参考になりました。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の176

30代の前半に「広告の仕事をしよう」と思い立ち、スタートのギャップを埋めるためにその関係の本を片っ端から読んだことがあり、その中で記憶残ってるのがこの本と「ある広告人の告白(デビット・オグルビィ)」の二冊だけ。 今回、再読しました。自分自身の…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の175

前出(其の174)と同じようなテーマの本だけどこっちは完全に論文体。内容もかなり分析的で、かなり参考になります。 奥付みたら同志社の先生ですが、博士号は関学で取られてました。何人かの共著かと思っていたらお一人の論文集のような感じで宝の山でした。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の174

もっと科学的な分析本だと思っていたら、個人商店のコンサル本のような内容でした。 それはそれでわかりやすいし、こんな常識的なことの説明でも必要とされる人にはされるんだろなぁと、ちょっと柔らかい批評。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の173

最初と最後の部分以外、徹底して顧客サポートの技術的なことを話してるんだけど わかりやすさと数字の裏付けで、ビジネス全般に活かせる感覚。 「おもてなし」が本当に顧客満足に繋がってるどうかの検証はなかなか興味深い。

古道大元顕幽分属図

古道大元顕幽分属図(こどうだいげんけんゆうぶんぞくず) といいまして神々の誕生が分かりやすく纏められている図です。 また、神々の名を繰り返し唱えることで『言霊』になるのだそう。 忘れないよう、待ち受け画面にしておくのもおすすめ。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の172

八天堂の話ですね。読み始めたのは去年でしたが、読み残し部分があって今読了。 この種の話は会社が成功してて、しかも文章がうまいと言う人でないと面白くないですが、なかなか読ませます。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の171

テクノロジーとそれがもたらすイノベーション。 アメリカ、中国、そしてインドの現状、ファーウェイやジャックマーの引退などを詳しく解説した上で、最後に「未来を予測するには、それを作ることだ」と言い切ってる。かっこいい。

光の出口

ど真ん中で怯えてる人これからの突入で不安な人 トンネルは向こう側へ行くために作られています。 光の出口を見つけた時の喜びだけを想って頑張りましょうね。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の170

紙本なので時間がかなりかかったけど、さすがにこのタイトルでKindle版出すわけにいかもんね(笑)これノスタルジーの本じゃないですよ。本気でアナログが復活してるって話。 レコード会社とか新聞社とか残存利益じゃないけど結構成り立ってるらしい。教育界…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の169

これが最新刊ですね(其の140参照) タイトルの付け方がうまいけど、要するに「まず動け」ってこと。 わかってる人は全然読まなくていいですが、そうでない人は「動き方」「考え方」を教えてくれます。

ギネスな話・其の35

最近、こちらのコンビニの利用頻度が高い。 この商圏には10軒以上のコンビニが犇いていて、 どちらかと言うと当該店舗へのアクセスは不便な部類に属しているにもかかわらずいつもこの店に向かっている自分がいるんですね。 何故だろう?と考えてみたところど…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の168

前半いろんなテーマをさらっとまとめたと言うか、寄せ集めた本。それは悪いことではなく、逆に各テーマがわかりやすい。 後半は今の会社でイノベーションを起こすための手順のの説明。古い企業って大変だなぁと思わせてくれる。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の167

SNS絡みの本って、なんでこの「漫画的会話口調」の構成が多いんだろ。 まだまだ真面目な研究の進んでない分野だからかもしれないけど、中身はすごい事言ってるのにこの体裁でSNS(を使ったマーケティング)が誤解されるのにね。

神聖なる池

奈良県の下北山村にひっそりと佇む『池神社』 水を注ぎ込む谷もなければ、流れ出る川もない というのに 万年、水を湛えていて『白竜』が住むと伝えられている『明神池』が御神体とのこと。 池を覗くと、こうして金色の鯉が迎えてくれますよ。 どうか皆さまに…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の166

あれだけの会社を経営して京大まで通ってMBA出て、偉い人だなぁと思うけど、文章はなんだかふわふわしてて大丈夫か?と思う。 論文も書いただろにね。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の165

主旨の違う二冊の本を読んだ印象。 「選択と集中」は間違ってる、と言う話と 「フリーランスが増えると言う話。 一読しただけでは矛盾してるように思ったけど、読み切れてないのか。再読必須。それぞれ納得できる主張ではあります。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の164

雑誌要約サービスFlierのCEO大賀さんが、組織のことベンチャーのことを語った本。 内容が前半人事と後半ベンチャーにわかれるけど、会社作りたい人にはとても参考になるかも。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の163

いや、今のYouTubeってほんと面白い。この本はその少し前というか基本的なところで、YouTuneのトレンドカルチャー部門のトップが「バイラル」「ASMR」「ミーム」など、どういうことなのかなぜ起きるのかを実例URL付きで詳しく解説。かなり長い(と思う)けど…

老驥千里を思う

【老驥千里を思う(ろうきせんりをおもう)】 正しくは 【老驥櫪に伏すとも志千里に在り(ろうきれきにふすともこころざしせんりにあり)】 ですが、この言葉の示すところは 駿馬は年老いて馬屋の櫪(横木)につながれても、なお千里を走ることを思う。 つま…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の162

これをマーケティングの本だと思ってしまうところすでに依存症w もう少し進んで、ゲームやSNSの依存度が人間に与える影響についてネガティブな考察。 かなり深いので、このビジネスを作ってる人は読んでおいた方がいいかも。だらだらとスマホゲーマーの人も。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の161

イーロンマスクが起こしたことは、ゲームの方法を変えた事。 クルマというものが単に推力を変えたのではなく、それによって車と人間との関係が変わって行くきっかけを作ったという事。テスラだけでなくEVの現状がよくわかる、読み応えのある本です。

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の160

こっちが新しい方のPIXAR ジョブズと共にPIXARを育てた「中の人」ローレンス・レビーが書いた本。 『ワンデバイス』のiPhoneそうだったけど「ジョブズが◯◯した」というのは結構贔屓目にみちゃってるんだなぁとよくわかる。信念というより、「結果的にそうな…