無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

就活・就職

それでも目を背けていられますか?

一般的に『人材』と表記されるこの単語に隠された数種の意味。 そう『ジンザイ』と言っても、その意味はさまざまなのですよね。ここではあくまで私の個人的解釈に基づいて、ランキングをして参りたいと思います。 1位【人財】 これは文字通り、会社や世の中…

妨害者の出現は、成功への道しるべ

挑戦したいと口に出せば否定をし行動に移そうとすれば邪魔をする そんな妨害者が身近に現れたら貴方の引こうとしてるクジには『当たり』と書かれている可能性が高い。 したがって害虫やゴミの出現は、感謝に値する。 なるほど。

それでも貴方は乗り続けますか?

ノアの方舟が、ノアを失ったらそれはもうノアの方舟なんかではありません。 そのまま乗り続けてもただ滅びを待つだけの漂流を続けるか或いは海賊だかなんだかに乗っ取られ、奴隷や家畜のように扱われるのが関の山で 決してアララト山に辿り着くことなどでき…

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められたビジネス本・其の20

あ、これは読まなきゃ損だわ。 マッキンゼー、リクルート、Google、楽天とキャリアを重ねてきた著者が 割と具体的に仕事のことやキャリアの考え方について語ってくれてます。 黙ってポチっておきましょう。

【達人からの言葉】内定者通信・其の8

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならばそれはまだ努力とは呼べない。@王貞治 さすがは世界の王貞治。国民栄誉賞は伊達じゃない。 しなやかで粘っこくありながら 決して底付きまで到達しない奥深さを持った王貞治さんのような人を、私は勝手…

傍観は同罪

職場や学校で誰かが干されかけている誰かが苛めを受けている きっと当事者にしかわからない、そんなことをする(される)理由があるのでしょう。 ただ、その一方で自分に火の粉が降りかかる事を恐れ『無関係・無関心を装うのは仕方がない』とする自らの傍観…

【借り物だと意識させる】人も組織も成長するオフィスの掟・其の6

粗末に扱われがちなオフィスの備品。 その代表選手と言えば、屑入れではないでしょうか。 汚される。蹴飛ばされる。いつの間にか無くなっている。そして挙げ句の果ては御主人さまが誰なんだかさえ分からなくなる。 『ちょっとちょっと、あたしは便利な役目を…

これって、引き寄せの法則?

5年前のある日、正義感と責任感(だけ?w)が取り柄だった部下にポロっと 『お前さん、政治家目指してみたら?』 この私のひと言が引き寄せたのかどうかは定かではありませんが その帰りの電車の中でという信じられないタイミングである議員さんから『秘書が…

【自分のどこを伸ばすべきか】内定者通信・其の5

哺乳類は皆、脳があって心臓があって肺があって胃があって腸があって…それらを骨が支え守り、その上を筋肉が纏って、表面が皮でラッピングされています。 なのにキリンとゾウは、同じ哺乳類ではあっても姿形がずいぶんと違いますよね。 高い木の枝の葉っぱを…

【心を整える習慣】人も組織も成長するオフィスの掟・其の5

社員総動員によるオフィスの掃除、されてますか? 当たり前のことですが、掃除をすると綺麗になるだけでなく、心までも整います。 もちろん、それは掃除をしていることが条件で 悲しきかな、掃除のフリをしているだけでは綺麗にならないし、心も整えられませ…

三毒の克服

誰でも口からプラスなこともマイナスなことも吐く。だから『吐』という字は『口』と『+』と『ー』で出来ている。マイナスのことを言わなくなると『ー』が消えて『叶』という字になる。 なるほど、と膝を叩いた言葉なのですが じゃあ、どうやってマイナスを…

【"住む"と"暮らす"の違い】内定者通信・其の4

社会人になるにあたって、一人暮らしを考えている内定者さんも多くあられるのことと思います。 そして多くの人は・予算・間取り・アクセス・設備・テイストなどを選択項目にあげて、最適な物件を探すのが通例、というか王道なのではないでしょうか。 立場上…

【言い訳の素材を減らす努力】人も組織も成長するオフィスの掟・其の4

オフィスの壁や柱には、時計が幾つも掛かっているケースがあり 彼らは常に、忙しく時を刻んでくれています。 で、この壁掛時計 何故かどうしてか、ほとんどの会社さんは電波式じゃなく旧いタイプを使っておられるケースが多い。 時間は狂うわ、電池も切れる…

【忘れたと言える資格】内定者通信・其の3

上司 『そぉれみろ、言わんこっちゃない』 『昨日さ、朝礼で◯◯君がコメントしてたろ?何て言ってた?』 部下 『いやぁ。すみません、忘れました』 『忘れた』 ということと『憶えなかった』 ということとは 根本からして違います。 あーもぉ全っ然違います。…

【あらゆる施策は生産性に紐づく】人も組織も成長するオフィスの掟・其の3

写真は、かつて僕が携わらせて頂いてた会社内に設えた個室サロン。 ベッドとシーツ以外はホームセンターで揃えましたので、安っぽく見えてしまうのはご愛嬌。 社内では自虐の念を込めて「バリ・ルーム」と呼んでいました(笑) 月に2回、朝から晩まで美しい施…

【勝ち組と負け組の差】内定者通信・其の2

時間とは神様のことです。 その時間を「幸福の女神」にするか はたまた「貧乏神」にするのか それはあなた次第なんですね。 これはね、よーく憶えといた方がいいです。 社会人になったら 何事も先読み、前倒しで行動しなきゃ すぐ貧乏神に追いつかれてしまう…

【一事が万事】人も組織も成長するオフィスの掟・其の2

初対面の金融機関の方に、必ず投げかける質問があります。 それは 「業績や代表者の人間性以外で融資する・しないを決めるポイントを強いて挙げるとしたら、それは何ですか?」 です。 一番多かった回答が「置き傘の数」でした。 その日の天候でさえ、先読み…

革命の本質

ある日、コンサル先の企業さまで 社員の方々がミーティングをしている横を、たまたま通りかかった時のこと。 こんなやり取りが耳に入ってきました。 「突然の来客があった場合、(自宅の)部屋に入れれる人は手をあげて」 15名ほどのメンバーで、手をあげて…

【正義の視点】内定者通信・其の1

善悪と正義 私たちは小さい頃から 「困った人がいたら力になってあげなさい」 「赤信号は絶対に渡ってはいけません」 そう教えられてきました。 「人助けは善」 「信号無視は悪」 では、赤信号の向こうで子供が暴漢に襲われていたら? おそらく、ほとんどの…

【電話線のもつれは話のもつれ】人も組織も成長するオフィスの掟・其の1

先ずは左側の画像をご覧ください。 とある三つ星ホテルのエレベーター内に設置されていた電話機です。 いや、もう絶句しましたね。 『電話線のもつれは話のもつれ』 オカルトですが 電話線がもつれてる会社(や特定の社員)はトラブルも多い。 これまで僕が…