無苦庵記【気づきブログ】

バブル期の自動車&甘味に目がない経営コンサルタントの拙いブログです。

妨害者の出現は、成功への道しるべ

挑戦したいと口に出せば否定をし
行動に移そうとすれば邪魔をする

f:id:muquan:20190321220050j:image

 

そんな妨害者が身近に現れたら
貴方の引こうとしてるクジには
『当たり』と書かれている可能性が高い。

 

したがって
害虫やゴミの出現は、感謝に値する。

なるほど。

ギネスな話・其の10

かつて執務室に置いていたこの椅子。

f:id:muquan:20190321122436j:image
スペインでハンドメイドの家具を造ってるHRUTADOってメーカーさんの椅子なんですが
ほんと、建て付けがガッチリしています。

f:id:muquan:20190321122508j:image


普通だと、木に見える部品の殆どが
圧縮材やプラスチック成型の母材に、高そうに見える化粧板をプリントしていますし
本革だ、なんて言ってながら身体に触れない部分は本革みたいに見えるビニールを使っていたりもする。


皆さん大好きなクルマの本革シートだって、サイド(かまち)部分や背面やドアの内張りの革に見えるところは革に似せたビニールですから。
嘘だと思われるなら表面に爪立ててみてください。

 

f:id:muquan:20190321122603j:image
ゆっくりじんわりと痕が元の状態に戻れば本革
潮引くようにサッと復元したらビニールです。
総革張りなんて、ロールスやフェラーリみたいな超高級車と
普通の高級車のハイエンドモデルぐらいなんですよね。


閑話休題


で、この椅子。
木に見えるところは、ちゃんと無垢材使ってますし
革に見えるところは、ちゃんと革を張り込んでいます。

f:id:muquan:20190321122650j:image
加えて金属に見えるモノは金属、樹脂に見えるモノは樹脂。
つまり騙しナシ、誤魔化しナシの素晴らしい「逸品」という表現になりますか。
実際に重いです。
重厚ってやつ。


けれど、機能性や快適性は羽のようなアーロンチェアの足元にも及びません。
座って30秒も経てば、ちゃんと腰が痛くなるようにできてます。

f:id:muquan:20190321122754j:image

だから、こういったモノは
「使わずに眺めとくだけ」でいた方が幸せになれるんですよね。

 

椅子でも机でも服でも靴でも鞄でも腕時計でも、素材と値段と造り込みだけで惚れ込むと

とんでもない駄作を摑まされることが多かったりします。

注目すべきは、大切なのは、使い心地と耐久性なのだということを

この椅子があらためて教えてくれたような気がします。

そういう意味でのギネス。

 

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められた本・其の27

今すぐ読みましょう。


部屋で一人だったので「あ”””」って唸ってしまったほどの衝撃作です。

f:id:muquan:20190426200440j:image
たとえば「本」は大きな棚の中にあって

「お金を払ったもの」と「払ってないもの」の分類がある。

この感覚が分かる人なら、読んだら膝を叩くこと間違いなし。

 

本日2本目。

 

 

 

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められた本・其の26

読みました。

f:id:muquan:20190426210715j:image
第14章すり合わせ国際経営2.0 は必読。(そこだけ買いようないけど)

 

内定者通信・其の11

発見の旅に出るということは
遠くへ出かけて新しい景色を見ることではありません。


むしろ日頃、あなたの周りにある見馴れた景色を『新しい目』で見ることなんですね。
あなたの目が変わらなければ、たとえ新しい景色を見たって何かを発見することには繋がらないでしょう。

 

正面から見ると三角形でも、真上から見たら円形かもしれません。
そして斜め上から見て涙の形をしていたら、それはほぼ間違いなく三角錐です。
タテヨコナナメに物を見る。

 

f:id:muquan:20190321210410j:image


大根だって、タテヨコナナメに切ると断面が違うし
蓮根なんて穴まで空いてるじゃありませんか。
社会に於ける正解なんて、算数のようにひとつじゃないんです。

f:id:muquan:20190321210422j:image

 

一殺多生という言葉がありますが
あなたの『(今)やりたいコト』を立体で見た時、必ずしもあなたが『(今)やるべきコト』ではないかもしれない。
あなたが自分の思いを押し殺すことで、仲間や家族や会社やお客さまや世の中がハッピーになれたりする
なんてことも社会では珍しくありません。


特に新人なら最初の5年は、そんなシーンに出くわすことも多いでしょう。
でも、そうしてキャリアを積んでいく内に
いつしか
『できないコト』が『できるコト』に
『やるべきコト』が『やりたいコト』に
なっていたりするもんです。

 

人も会社も仕事も世の中も
タテヨコナナメに見て切って確認しながら、どんな立体にしていくのかが重要なんだと思いますねぇ。

 

f:id:muquan:20190321210549j:image

 

あなたは景色、ぼんやり眺めてませんか?

ヘレンの『これたべてみて』シリーズ

もはや入手困難

 

西川ヘレンさんプロデュース
BANZAI KITCHEN】の
『これたべてみて』シリーズ


・たきこみご飯の素
・たきこみご飯の具
・ヘレンのおだし
・味わいポン酢
・黄金のごまダレ

f:id:muquan:20190521181525j:image

奇跡的にコンプリート
(食べたことある人は羨ましがるはず)

というか

友人の西川かの子ねぇさんから賜りました。


地元(関西)以外の方で食べてみたい、という人は

購入できるようになるのを祈っててください。


もしかすると近い将来、願いが叶うかも。

 

それはさておき

折をみて、ここで食レポもしたいなぁと思っています。

 

楽しみ。

 

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められた本・其の25

仕事の仕方の本で、SlackやZoomのことは話してるのに電話使うこと勧めてるから

なんだこりゃと、途中から真剣に読めなかった。大半は賛同できるけど惜しいな。

f:id:muquan:20190430064405j:image

お爺さんかと思いきや半廻り歳下の人なのに。

 

 

経営の為のワークアウト・其の11

若い頃はパワーアップ主体のメニューばかりを組んでいましたが
50を超えてからはバルクアップの目的も加味した、ハイブリッドトレーニングに切り替えています。

 

無闇矢鱈と強負荷なトレーニングしたって、ねぇ。


仕事も同じで、盲目的・盲信的になるのもいいとは思いますが
一本槍にこだわることなく、変化や鷹揚をつける必要性を
この歳になって、ひしひしと感じています。


だって、頑固に生きるってことは
自分の『弱さ』を証明してるようなもんですからね。


経営面でも近い将来『老害』などと言われる前に、目を覚ますべき時には覚まさないと。


あらためて本田宗一郎さんに、学ぶことの多い今日この頃(なんだそれ)

 

f:id:muquan:20190321214755j:image

【今日の本棚】天才師匠に『これ、いま読んどき』と薦められた本・其の24

IT関係じゃない人で

マーケティング関係の人は必読。

f:id:muquan:20190426211859j:image
ほぼ現在のITマーケティングの知識が網羅されてます。AIのすっきりした解説も。

 

人も組織も成長するオフィスの掟・其の11

かつて経営をお預かりしていた会社で『水素水サーバー』を導入した時の話。

f:id:muquan:20190322105454j:image

製造されたばかりの水素水を、その場で飲めますので
市販品に比べて遥かに水素濃度が高いというというのがメリット。

f:id:muquan:20190322105436j:image

 

体内の活性酸素と水素が結びつき、水となって体外に放出されるらしく
身体が慣れてくるまでの間、その利尿作用は激しいと言えるレベルです。

f:id:muquan:20190322105801j:image

 

身体の酸化を抑える。
お肌にいい。
痩せる。

お通じがよくなる。
腰痛も改善する。

 

そんな巷で騒がれている効能が真実なのか、はたまた都市伝説であるのか。
それは使い続けた人でないと分かりませんし、水素水を摂取するだけで何もかも全てが好転するというものでもないでしょう。

 

それでも導入に踏み切ったのは、社員の健康、精神衛生を考えたら
無いより在った方が絶対に良いと思ったからです。

 

そんなもん気持ちの問題じゃないか、と言われるかも知れませんが
だったら気持ちよく働いてもらえる環境の方がいいに決まってるじゃないですか。

 

先ず、あれこれ言われることを先刻承知で社員の為に出来ることをやる。
というか、そもそも人間は出来ることしか出来ませんから。

 

たったひとつの改善で、そうやすやすと社員が満足し、やる気が漲り、会社の雰囲気が善くなり、業績に跳ねっ返る、などと更々考えてはいません。

けれど、そのたったひとつの改善を等閑にするような自分であれば
もう経営をする資格なんて無いとも思っていました。

 

これは社員を甘やかしたいわけでも
おもねるわけでも
人気点数を稼ぎたいわけでもなく


ただひたすらに生産性を高めるための積み重ねをしているひとつに過ぎず、その為のコスト増ならタダみたいなものだと。

 

例えばフィットネスジムなんかだと、毎月1500円前後を支払えば飲み放題という料金体系なのですが
うちの社内はもちろんタダでした。

それを社員のコたちはあたりまえに思っていたかも知れませんね。


この水素水サーバー、私が辞めてすぐに撤去されたらしいですが
『あたりまえ』の反対語は『ありがとう』

その意味を彼ら彼女らが少しでも理解して、自身の成長に繋げてもらえたなら

"経営者の本懐ここに極まれり"といった感じでしょうか。